子育てにもウォーターサーバーが便利

子育て中の家庭でも、ウォーターサーバーを導入する例が増えています。

 

ウォーターサーバーや安全な水によって、さまざまなメリットが得られるからです。

 

まずウォーターサーバーの水は不純物が取り除かれており、ミネラルも豊富に含まれています。

 

こうした水は安全かつおいしいものであり、お子さんの体質改善にも効果的です。

 

 

 

ウォーターサーバーの水を飲み続けることにより、アトピーなどのアレルギー体質が改善されたという声もあります。

 

また、水のおいしさに目覚めてジュース類を控えるようになったという例も見られます。

 

すると虫歯や肥満などの減少にもつながるのです。

 

そして、赤ちゃんがいる家庭でもウォーターサーバーは重宝します。

 

一日6〜7回に及ぶミルク作りにおいても、すぐにお湯を使って対処することが可能です。

 

この場合には、カルシウムやマグネシウムの少ない軟水を選び、赤ちゃんの胃腸に負担をかけないよう注意します。

 

 

 

さらに、子育て中は買い物に行く時間の確保が大変ですし、手間もかかります。

 

ウォーターサーバーなら、必要な水を配送してもらえます。

 

わざわざミネラルウォーターを買いに出かけ、重いボトルを持ち帰る必要はありません。

 

このように、ウォーターサーバーは子育てにもさまざまな好影響を与えます。

 

心身のストレス軽減のためにも、家庭に備えると便利でしょう。

ウォーターサーバーを設置する時に気をつけたい事とは?

 

現在数々の業者からウォーターサーバーの販売がなされてますが、売れ筋ナンバー1の商品が決して、あなたの家庭にマッチするとは限りません。

 

もし自宅にウォーターサーバーの設置を考えているなら、今から紹介するポイントをよく吟味して、サーバー会社を選ぶ事をお勧めします。

 

まず価格面ですが、ウォーターサーバーの料金体系は水本体の価格とサーバー本体のレンタル料、メンテナンス料が基本となっていて、サーバー本体の料金は無料の所が大半です。

 

価格で違いが出てくるのは、主に水とボトルの種類の選択の仕方によります。

 

 

 

自然の天然水よりはROろ過の水のほうが値段は安上がりになりますし、ボトル形態も1回使い切りで資源ゴミで処理できるワンウェイタイプより配達員が回収するリターナブルタイプのほうが経済的です。

 

また家の間取りを考慮したサイズのサーバーや、部屋のインテリアに応じたデザインのものを選択する必要があります。

 

最近では床にそのまま置くタイプや、テーブルの上に置いてすぐに手に取りやすい卓上タイプのものまで揃っています。

 

 

 

更に水の採水地を意識して選ぶことも可能で、放射性物質が心配なら、西日本の京都や島根・大分などの銘水を依頼する事もできます。

 

小さい子供でも安心して飲め、徹底的に水の味にこだわるなら、断然天然水がお勧めです。

 

各社によって、殺菌処理やろ過方法も変わってくるので、詳しくはインターネット上のウォーターサーバーの比較サイトでじっくり検討するのが良いでしょう。